住宅ローンの借り換えで返済が軽くなるかもしれません

 低金利がここ20年ほど続いています。当然、住宅ローンも現在は超低金利です。
 また、銀行や会社によって住宅ローン金利にも違いがあります。
 なので、利用している住宅ローンによりますが、借り換えることによって、金利が今よりも低くなり、返済する総額も減る、結果として月々の返済額も減らすことができる可能性があります。

 

 ただし、借り換えには諸費用(いま利用している住宅ローンを借りたときにも発生した登記費用、印紙税、保証料など)が必要になるので、これらの諸費用以上に返済総額が減る場合、借り換えするメリットがある、ということになります

 

 借り換えによりメリットが発生する目安は、
・金利差が1%以上
・住宅ローン残高1,000万円以上
・残りの返済期間10年以上

といわれていますので、1つでもあてはまれば、住宅ローン借り換えにより、月々の返済額を減らすことができる可能性があります。

住宅ローン借り換えするには、どうすればいいのか?

 では住宅ローン借り換えするには、具体的には何から始めればいいのでしょうか?

 

 

 ひとつは、現在、利用している金融機関に相談してみることです。

 

 そしてもう一つの方法は、『多くの金融機関の住宅ローンの情報を集め、比較して、最も条件のいい住宅ローンを探す』ということです。

現在、利用している金融機関に相談する

 まず考えられるのは、現在、利用している金融機関が扱っている『住宅ローン商品A』から、『住宅ローン商品B』へ借り換えるということです。 ただし、その金融機関に、現在、利用している住宅ローン以外の『他の住宅ローン』があり、かつ、現在よりも低金利であれば、の話です。

 

 同一金融機関内での借り換えであっても、たくさんの書類を揃えたり、借り換えの「審査」が必要であったり、と通常と同じ手続きをする必要はあります。 でも、金融機関を変えていないので、諸費用が少なくて済むというメリットがあります。

 

 住宅ローンの借り換えではありませんが、『住宅ローンの借り換えを検討していると相談してみる』のもおすすめです。
 たとえば、「他の銀行への借り換えも含めていろいろな選択肢を検討している」と金融機関に伝えれば、金融機関は大切な利用者が減ることを当然に防ぎたいと考えるので、利用を継続してもらうために、金利を下げてくれる場合があります。

 

 いずれにしても、金融機関を相手に、相談、交渉、書類の準備、手続き、などなど、たくさんのことを自分自身で行なう必要があり、面倒であることは間違えありません。

たくさんの住宅ローンを比較して借り換えをする

 もう一つの方法は、多くの金融機関の住宅ローンの情報を集め、比較して、最も条件のいい住宅ローンを探すことです。

 

 ただし、これを個人で行うには時間もかかりますし、知識も足りません。そして何よりもとっても面倒です。

 

 そこで便利なのが、住宅ローンの借り換えに関する手続きを代行してくれるサービスを利用する、ということです。

 

 そのサービスのひとつに『住宅ローン借り換えセンター』というサービスがあります。
 この『住宅ローン借り換えセンター』は、20社以上の金融機関の金利を比較して、条件に最も合致する住宅ローンをピックアップしてくれます。 その上、住宅ローンのプロである”住宅ローン診断士”が相談にのってくれますし、借り換えする際の手続きも代行してくれます。
 もし、審査などにより借り換えができない場合には費用もかかりません(借り換えできたときだけに発生する成功報酬型の手数料)。
 住宅ローンの借り換えを検討しているのであれば、まずは、『住宅ローン借り換えセンター』のサイトにアクセスして、詳しい内容をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 


【参考(1)】 当たり前ですが、住宅ローンを含めた固定費は低く抑えるべきです

 新型コロナの影響によって、収入が減ったり、または食費などの住宅ローン以外の出費が増えたりしたことで、月々の住宅ローン返済がきつく、苦しい状況になっている方も少なくないと思います。
 ある調査では、4割の人が「住宅ローンの返済がとても苦しくなっている」、3割の人が「やや苦しくなっている」と回答していて、つまり、あわせて7割の人が、住宅ローンの返済がきつい状態になっています。

 

 新型コロナの影響は一時的ではなく、それなりの期間におよぶことを覚悟しておくことが必要があるので、数か月だけ返済できる目途がつくだけではダメで、来年も、再来年も、ずーっと継続して、ある程度の余裕をもって返済できるように計画しておくことが大事です。
 つまり、現在のきつい、苦しいと感じる返済額ではなく、この先も、長期的に、毎月、ある程度の余裕をもって払うことができる金額まで住宅ローン返済額を減らすこと、これが住宅ローン返済のきつい状況を解決する対処方法です。

 

 そもそも新型コロナの影響とは関係なく、住宅ローンは、毎月、決まって払わなければならない経費(=固定費)の中でも金額が大きいので、無理せずに支払える金額にしておくべきです。 
 総務省の調査でも、住宅ローンを払う50代の家庭の平均的な固定費をみると、『住宅ローン;10.1万円』、『携帯電話などの通信費;2.0万円』、『保険料;3.4万円』、『自動車関係の費用;3.0万円』となっています。この調査からもわかるとおり、住宅ローンに限らず、固定費は、しっかり見直して、負担をムリしない範囲にしておくことは、家計を守るうえでは何よりも大切なことです。

【参考(2)】 借り換えも含め、住宅ローンを減らす具体的な方法

 住宅ローンの返済額を減らすための方法には、一般的には次の4つの方法が考えられます。
1.住宅ローンを一括返済する
2.住宅ローンを繰り上げ返済する
3.住宅ローンの借り入れ期間を延長する
4.住宅ローンを借り換える

 

 このうち、1-3は現在、借りている住宅ローンに対する方法になります。

 

 1.の『一括返済』は、現在の残っておる住宅ローン全額まとめて返済することですから、結果として、その後は月々の返済額は0になり、減らすどころか、住宅ローンはなくなります。

 

 2.の『繰り上げ返済』は、全額ではないけど、ある程度の金額を、月々の返済とは別に返済することです。繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があります。
 「期間短縮型」は、月々の返済金額は変えないで、返済期間を短くする返済方法です。期間短縮型で繰り上げ返済をすると、住宅ローンの支払った金額がそのまま元金の返済に充てられので、本来支払うはずだった利息を軽減することができます。

 「返済額軽減型」は、返済期間は変えないで、月々の返済額を減らす返済方法です。

 一般的には、「期間短縮型」の方が、「返済額軽減型」に比べて繰り上げ返済効果が大きい(利息軽減効果が大きい)、つまり住宅ローンとして支払う総額が少なくて済むため、多くの人に選ばれていますが、現在、返済がきついということであれば、いまは一旦「返済額軽減型」を選ぶのがいいと思います。

 

 月々の住宅ローン返済がきつく、苦しい状況の中では、1、2の方法を実行するのは難しいことかもしれません。

 

 3.の『返済期間延長』は、月々の返済額を減らす代わりに、全額返済までの期間を延ばすというものですが、利用している金融機関や住宅ローンの種類によっていろんな条件があるので、住宅ローンを組んでいる金融機関に相談してみないとわかりませんが、実際には条件が厳しいことが多いので、これも簡単に実行することは難しいと思います。

 

 ただし、現在は、新型コロナの影響を受けた人であれば、支払期間の延長(それにより月々の返済額を減らすことができる)をはじめ、返済条件の変更に柔軟に対応してくれるので、まずは住宅ローンの借入先である金融機関に相談することをおススメします。

 

 最後の4.の『借り換え』は、は、現在利用している金融機関の住宅ローンを、他の金融機関の住宅ローンに借り換えるというものです。ただ、他の金融機関に借り換えるだけで、なぜ月々の返済額が減るのか、このあと説明します。

 

 紹介した4つのいずれの方法であれ、とにかく返済できない状態になる前に、まずは相談してください。行動してください。何も相談、行動しないまま、返済しなで問題を放置しておくことが最もダメです。返済が滞ると、現在、利用している住宅ローンの借り入れ条件が保証されず、もっときつい状態になってしまうからです。また、住宅ローンを払るために、他のカードローンなどで借りることもやめてください。住宅ローンに比べて圧倒的に高金利だからです。